So-net無料ブログ作成
アートとアートロック ブログトップ

ルー・リードが亡くなってしまった [アートとアートロック]

 昨日27日、ルー・リード氏が亡くなったとのニュース。とても残念です。
ご冥福をお祈りいたします。

image.jpeg
 ルー・リード 1973年のアルバム「ベルリン」名盤。
 

R.E.M 通算15作目発表(その1・加筆) [アートとアートロック]

 アメリカ、所謂インディ、オルタナロックの草分けであるR.E.Mが、
フルアルバムとしては3年ぶり、通算15作目のcollapse in to nowを
発表した。長年のファンとしては素直に嬉しい。

collapse.jpg

 Rapid Eye movement つまり睡眠の一形態で、人が夢を見る
状態の頭文字から取られたグループ名のこのバンドは、1980年に
結成、実質デビューは1981年とのことで、ほぼ30年のキャリアを
持つ。極初期を除くとほぼ全作を聴いていて、自分の作品制作にあっても、
それ以外の日常の様々な精神状態にあっても、結局、ずっと聴き続けて
非常に親しみも敬愛も抱いてきたバンドである。
 彼等が世に出た当時のアメリカはレーガン政権下の経済不況下で、
その影響からポストパンク、ニューウエイヴの台頭するイギリスとは
大きく異なり、シーンは沈滞し、幾つかの例外を除けば音楽業界は
保守化した情況にあった。しかしこのことがカレッジ・ラジオ局や、
インディペンデントなレコードレーベルの活性化に繋がっていく。
ここからR.E.Mも巣立っていく。

 「ヴェルヴェッツ(アンダーグランド)・ミーツ・バーズ」と評された
そのサウンドはファーストアルバム「マー・マー」の時点で既に、
パンクやカントリー、あるいはフォーク的な要素もありつつ、
他の何にも似ていない。

 下のジャケ写は4枚目のアルバム、ライフス・リッチ・ページェントからの
シングルカット“フォール・オン・ミー”(12インチ版)。この曲については、
モノクロの風景写真に赤字の文字が印象的なビデオを覚えている。
最近でも昨年11月に東京近代美術館の麻生三郎展で印象に残った
「赤い空」シリーズ。作品とそれについての作者本人のコメント飛んだ時
「この空にあって、私達を覆う何か人を押しつぶすようなもの」というイメージと、
とても強く結びついて(他の幾つかの曲とともに)頭の中で響いたりもした。

フォールオンミー.jpg

麻生/赤い空.jpg
 

スカイイズフォーリング.jpg
 
(参考:ルイス・フューレイ/スカイ・イズ・フォーリング)   
 
カリフォルニア.jpg

(参考:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ/カリフォルニアケイション)

 1988年にはメジャーレーベルのワーナーに移籍して6枚目のアルバム、
グリーンを発表。ベトナム戦争の枯葉剤を歌った“オレンジ・クラッシュ”は
来日公演のステージでメガフォンを持ってがなっていたマイケル・スタイプの
姿と共に強く心に残っている。
 
 91年、しばらく音沙汰がなかったこのバンドの曲を自分は仕事帰りに
偶然、休んでいたファスト・フード店の有線で耳にする。
一聴して英語の歌詞などわかる訳もないが、哀しげで、何か
「とーっても困っているんだ〜」と聞こえる、R.E.M以外の何者でもない
これが第7作目アウト・オブ・タイムからのシングルで、ついに
全米ヒットチャートでも1位となった「ルージング・マイ・レリジョン」
だった。ロックバンドが宗教」「信心」をテーマとした曲が、大ヒットした
現実は強烈で、我が国と彼の国の違いも考えざるを得なかったことを思い出す。
 このアルバムと次作、92年のオートマティック・フォー・ザ・ピープルが、
このバンドがいわゆる音楽産業のメインストリームに否応無く接近していた
時期だったと言えよう。同時にそれは周囲の反応にも、彼等自身にも
大きな変化をもたらすことになる。(続く)

 

B・R・M・C (カテゴリー訂正) [アートとアートロック]

 
 B・R・M・C(ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ)の
 3年ぶり5枚目のALが先頃リリースされた。“Beat The Devil`s Tattoo”って
 直だと「悪魔の入れ墨の脈動」とかになるのか?タイトルだけだとまるで
 ヘヴィ・メタみたいだが断じてそうではない。
 初期にあったうねり、まとわりつくようなサイケデリックかつノイジーな
 ロケン・ロールと、3枚目(ハウル)以降顕著な米・ルーツミュージックに
 接近した渋さと、砂塵を巻き上げて疾走するような感覚が、
 うまく融合しているように聴こえる。1曲目など、視聴した先から
 「やってるやってる!」的に笑えちゃう程にBRMC節炸裂。

蟲墨.jpg

「蟲の入れ墨の脈動」/ワトソン紙、水性色鉛筆


BRMC.jpg

(アルバムジャケ)




 
 

大ザッパ [アートとアートロック]

大ザッパ.jpg

「大ザッパ」/アルビレオ紙、アクリル、ポスカ、水性色鉛筆など

 
で、こっちは(普通?)ザッパ。

ザッパ.jpg

夕刻の気のもの/またはテラー・トワイライト [アートとアートロック]

 夕刻のいきもの.jpg

「夕刻の気のもの」 ワトソン紙、ボールペン、水性色鉛筆

 描いたこれをみてふと連想した、こういうのに会っちゃう夕暮れを
「逢魔ヶ時」と言うんだったな。英語では確か「テラー・トワイライト」か・・・。
と言うとアレだ。90年代アメリカのオルタナティヴの象徴的バンド、
Pavement(ペイヴメント)。

 90年代初頭から活動を始めた彼らの、1999の5枚目にしてラストアルバムの
タイトルがこのテラー・トワイライトだった。所謂ローファイの典型的バンドだった
彼らの音は初期には、何ともぶっ壊れた感性をまき散らしつつもシニカルで
クールな佇まいを持っていた。当時シーンを席巻したグランジ系バンドすら
飲み込むコマーシャリズムや、ロックスター幻想とは最も遠い立場をとりつつ、
同時に凝り固まった頑迷なアングラ主義にも陥らず、というスタンスはその後、
後期まで一貫していた。私は後期から聴いてほぼ殆どのソングライターだった
リーダー(ボーカル、ギター担当)、スティーヴン・マルクマスのソロに魅かれ、
それから初期のものまで聴き込むというずれたリスナーだったのだが。

 このラストアルバムは、具体的には彼らにしては最も整った体裁のつくりで、
ある意味例外的。故にか?つい最近、再評価の高まりもあって、ベストアルバムなどと
いう「らしくない」ものも出たが、そこにも1曲しか入っていないそうだ。
但し、決して駄作ではないので念のため・・・。
と言うか、彼らの正規作5枚には駄作は無いというべきか。個人的には
初期の勢いがありつつ、実に「らしく」ヨタっているのが2枚目。
マルクマスの優れたソングライティングが実感できるのは4作目だと思っている。

 そんな彼らが先述した通り、このところの再評価の波に乗ったか再結成、
しかも来月、来日公演までの騒ぎとなっているのはちょっと驚き。コンサート、
行ってみたい気もするが一方、かってのテレビジョンの再結成・来日みたいな
形骸化したものだと落胆も大きいのでちょっと動けないでいる。(下・ジャケット)

テラートワイライト.jpg


 
アートとアートロック ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。