So-net無料ブログ作成

蟲筥・常葉蟲 (むしばこ・とこはむし) [アート]


 昔から雛飾りとともに飾られた「犬筥(いぬば こ)」という、一対の犬を象った
張り子の小箱があります。子どもを厄災から守る象徴として、また安産の守り神として
飾られてい たもので、雄犬の中にお守りを、雌犬の中に化粧道具を入れたとも言われます。

 で、蟲筥(むしばこ)なんてのはどうだろうと・・・

蟲箪(常葉蟲)s.jpg
「蟲筥・常葉蟲」(むしばこ・とこはむし) 
 金属、木材、布、木紛、木紛粘土、アクリル、油彩、等 400×470×130mm 2015年 

 *上の写真は藤沢今昔・まちなかアートめぐり2015、旧鎌田商店蔵での展示
 本当はもう一体で対にしたかったのですが、時間切れで片方はモックアップのみ。
 ちなみに「常葉蟲(虫)・とこはむし」は常に青く茂る柑橘類の樹木につく虫、
 つまりアゲハ類の幼虫のこと。“アノ臭い”は魔除けになりそう。
 もう一体はイラガの仔の予定でした、というか今度作りたい。
 “アノ痛さ”も魔除けには良さそうですから。
  
蟲筥4.jpg

DSCN0274.JPG

 このように一応「はこ」です。
 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。